Home > スポンサー広告 > 受験の不安を解消するには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > スポンサー広告 > 受験の不安を解消するには

Home > 受験についていろいろ > 受験の不安を解消するには

受験の不安を解消するには

年末ですねー。年末。
自分は年末、特に年末系の事は何もせずに過ごしています。
唯一年賀状作ってるけどもう今日29日っていうね。


ついさっきまで、受験控えてる友人の電話に付き合ってたんですが・・・

やっぱり、単にがんばれがんばれ、とか、受かるって、とか無責任な事は言えん・・・と思い、また逆に、無駄に不安を煽るような事を言ってもいけないと思い・・・
とにかく友人とは言え気を使う。




自分も去年の今時期は、とにかく不安で不安で、仕方なかったな・・・。
でも友人とかには看護学校受験するとか言ってなかったから友人に電話かけたりとかはなかった。

自分は不安になると、なぜかもう知り尽くしているはずの受験校の倍率とかばかり見ていた気がする。
何度見ても去年の倍率なんてかわらないのに、見ちゃうんですよね。

あと、占いとか。
そういうのみて、ちょっとでも安心要素を得ようと必死だった気がします。
どうも、ちょっとでも安心できりゃ、その根拠はどうでもいいらしい。
根拠がないから、その場では少しホッとしても、すぐにまた不安が再発する。
悪循環ですね。

自分の友人は、人に不安な気持ちを話すことでそれを解消する方法をとっていて、自分は自分で、何かしらの情報(倍率情報、占いなど)にそれを求めたみたいです。




どっちがいいとかはいえないと思うんだけど、不安を感じるか、感じないかの分かれ目は、自分の成長をきちんと実感しているか否か、かもしれないと思う。

わからなかった問題が、解けるようになっている、英語の長文が以前より読めるようになってきている、等、受験勉強中に自分が見せる少しの成長って、見逃しがちですけど、確かにあると思うんですよ。

社会人だと、勉強から離れて数年~十数年たってる、とか普通にあると思うんですけど、受験するぞ、と参考書を初めて開いた時と、受験勉強を続けてきた今って確実に何か違うと思う。

それは根拠のない占いより、昔の情報何回も見直すより、ずっと確かに安心できる事じゃないかなあ、と今は思う。
なんかえらそうですね、むかつきますね。



とは言っても、不安を感じることってそんなに悪い事だろうか?ともちょっと思う。
不安すぎて勉強が手につかないってのならやっぱり問題だけどさ。

不安を感じること自体、自分を客観的に見れてる、ともとれないかな?
いけるし。合格間違いないし。って自信満々とか(かなり極端ですが)どうだろ。
ほんとにそうか?大丈夫か?って疑問になるかも。


不安だと思うのは少なくとも、自分と、今の状況に向き合ってるって事だからいい事だと思う。
まずいのは、不安をごまかす為に変な方向に走ることじゃないか。(例:自分)
これは、ごまかすことは出来ても解消にはならないね・・・
不安を「解消」したかったら、やっぱり問題解き続けるしかない。




人間って、年をとると運動能力の低下とか記憶力の低下とか体力の低下とか、なんか嫌な感じの事ばかりな気がすると思うんです。
で、加えて勉強から離れてめっちゃ時間たってる、ってこの状況。
現役生と比べると、不利な事ばっかりに思えるけど、実はそうでもないらしいですよ。

人間は年をとるにつれて、物事を取り入れ頭の中で構築しなおし、理解する、という能力があがるらしいです。
学習に有利じゃないかと思う。



だから、社会人受験者の方、受験、なんとかがんばってください。
面接とか、自己推薦書等、学科以外に、いろいろ頭抱えてしまう問題はあると思うんですけど、自己推薦書も面接も、よっぽど変な事言わなきゃ大丈夫じゃないかと思うよ・・・
志望動機、学校を選んだ理由、自分の性格、パターンはあれど、皆似たような事言うのは目に見えている。

所詮、学校側が欲しいのは「国家試験に受かる人」だと思うです。
学校としても、国家試験合格率○%って重要です。

だから学科です。
面接の失敗は学科で巻き返せます。
でも、学科の失敗を面接で巻き返すことはできない。


あと一ヶ月弱ぐらいでしょうか、頑張って下さい!



そしてよいお年を!


にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > 受験についていろいろ > 受験の不安を解消するには

    カテゴリ
    最新記事
    Links
    Search
    Meta
    Feeds

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。