Home > スポンサー広告 > 受験勉強。数学。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > スポンサー広告 > 受験勉強。数学。

Home > 看護学校受験(勉強編) > 受験勉強。数学。

受験勉強。数学。

  • 数学こわい・・・
これに尽きる。
自分の数学に対する拒絶の気持ちは本当に半端ではなかった。
思えば、小学校一年生の頃からそれは始まっている気がするけどここではあまり関係ないので割愛しますが、本当に数学だけは、数学だけはお許し下さいって感じで生きてきた。

高校の数学は、いつも赤点、追試は当たり前。(先生ごめんなさい・・・)
それに、自分で努力もしなかったですしね。
短大からは数学という科目がなくなったので、数学から解放されたー!なんて万歳したぐらいでした。

  • 自分に合った参考書を探す
その様な自分ですから、数学の知識は0でした。
かろうじて、二次方程式の計算が出来るくらいかな・・・。
でも、その単元の前後の平方根なんかは全然わからない。

二次方程式でも、左辺右辺の移項の時のプラスマイナスの変化のルールとかあやふやでした。分数が入ると途端にわからなくなる。そんな自分。

当然、そんなレベルだったもので、弟が使っていた参考書や問題集は、ちんぷんかんぷんでした。
だから、まずは本当に本当に自分のレベルにあった参考書を一冊買ってみようじゃないか、と本屋に走りました。

それで買って来たのがこれです。


  • 一番初めに買った参考書
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A (Part1)このタイトルに非常に惹かれました。
初めから始める、なんてまさに今の自分にピッタリじゃないか!
この参考書は、偏差値40前後の人でも理解出来る様に書かれています。と、前書きに書かれてあったけど、本当にそう思う。だって自分がそうだから・・・というか、自分の数学の偏差値多分40もなかったと思うけど。


お話をする様な口調で書かれた中身はとても親しみやすく、何より、わかりやすい。
自分は、数学において、考えなくていいところにいつまでも拘る癖がありました。
そこがわからないから次もわからない気がして、どうも身に入らない、みたいなパターンです。

でも、この参考書は、「なぜ、そうなるのか」をすごく丁寧に解説してくれています。
一度読んでも理解出来なかったところは、何度も読みました。

また、自分はバババーと読むだけではまだ足りないと思ったので、この参考書に書かれている要点や図を一冊まるまる、ノートに書き写しました。
読む、書く、の連動最強。頭に入ります。
今まで数学に感じていた恐怖心みたいなのが、どんどん薄れていくのがわかりました。
それどころか、数学っておもしろい!とまで思えたのは、本当にこの本があったからです。


  • 数学は練習!
また、この本ですごくいいな!と思ったのは、終始一貫して、
「数学は練習である」
と主張しているところ。

数学は才能だ、と中学生の頃聞いた事があります。
じゃあその才能がない自分は無理だよ・・・と思っていた十数年。
それがいつのまにか覆されてました。
才能がないから無理ってのは、自分の言い訳だったな~と大変反省しました。
やれば出来るっていう言葉を地で言ってるのが数学だと思う。
練習すればしただけ出来る様になります。
社会人経験者だったらわかるかもしれんけど、なかなか努力が評価されない世の中です。
だけど、努力すればしただけ評価してくれるのが数学だとすら思ってしまったww
現役時代、0点だって別に珍しくなかった自分が出来たから、冗談じゃなくてこれマジ。
数学練習すればどんどんわかるようになる。才能ではない。と今は思えます。

また、数学は公式や、解法パターンなどが必ずありますよね。
こういう問題、言い回しがきたらこれ、みたいなやつ。
それさえ覚えてしまえば、どんな問題だって練習すれば解けるようになります。
練習さえすれば、すぐに「この問題にはこれだ!」っていうのがわかる様になります。

数学は一番伸びやすい教科なんじゃないかな?


  • 併用した参考書、問題集
上の参考書と併用したのは、東京アカデミーの参考書と問題集でした。
これは、弟からもらったやつです。


看護医療学校受験オープンセサミシリーズ―新課程対応 (2) (オープンセサミ・シリーズ)新課程対応 看護医療学校受験オープンセサミシリーズ 問題集〈2〉アクセス 数学1・A (オープンセサミシリーズ 問題集 2)上のマセマの参考書で、一単元を理解したら、これでさらに練習をしました。
マセマの参考書はとてもわかりやすいのですが、あくまで参考書であるので、練習問題が足りないのです。



マセマ→東京アカデミーの間を行ったりきたりしながら、進めました。
まず、マセマで理解をしたら、二つならんでいるうちの、白い方(左側)に行きました。

そこでさらに解説を読んで、実際問題を解いてみる。
東京アカデミーの数学の参考書は、本当に素晴らしいと思っています。
例題があるのですが丁寧な解説がついています。

それに沿って解いてみる。
一回ではわかりませんので、何回も、何回も解いてみるんです。
解説や、解答見ながらで全然いいと思います。

何回も何回もノートに書いていけば絶対にわかります。
わからなかったら、またマセマのほうに戻るんです。

右側のアクセスは、問題集です。
これは、左の参考書には載っていないパターンの問題も数多く掲載されており、いろいろなパターンを知るには、かなり良かったです。

どちらも予備校東京アカデミーの書籍ですが、予備校に通っていなくても本屋で買えますし、本屋になくても予備校に行けば売ってもらえます。


  • 受験校のレベルに合わせて
東京アカデミーの参考書は、それこそ全国津々浦々いろんな看護学校の受験問題が掲載されています。
難易度が星で表されています。
例えば、基礎レベルなら星が一つで★。応用なら星が二つで★★。
かなりの応用であれば星三つで★★★など。

自分が受験する学校の過去問を見ますと、そうそう難しい問題は出ていませんでした。
なので、自分がやったのは星が二つ、★★の問題までです。

星三つの問題(★★★)はやりませんでした。
やれば達成感はあったのだろうと思いますが、難しい問題に唸り拘るには時間がありませんでしたので、それなら星二つの問題を覚えてしまうぐらい解く方がいい、と思いそうしました。
実際問題と答えを覚えてしまうぐらい解きました。

消費するノートは、一日一冊。今開いてみると、同じ問題ばかり解いています。
だけど力は確実に付きました。
積み重ねられて山みたいになったそれらのノートは、自分の一生の宝物です。

一番苦手だった数学が、今は一番好きになりました。
受験当日、数学に一番手ごたえがありました。
数学がこんなに楽しいと思ったのは、人生で初めてです。本当に嬉しかったです。





追記:後日、学校側に成績開示をしてもらったのですが、数学は100点でした!














にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > 看護学校受験(勉強編) > 受験勉強。数学。

    カテゴリ
    最新記事
    Links
    Search
    Meta
    Feeds

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。