Home > スポンサー広告 > 受験勉強。英語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > スポンサー広告 > 受験勉強。英語。

Home > 看護学校受験(勉強編) > 受験勉強。英語。

受験勉強。英語。

  • とにかく時間がなかったので
まず君は、中学校の英語を覚えているのかね!?ん!?
と、自問自答してみたらば、
「this is a pen」
しか浮かばなくて、一抹の不安を覚えてまずは本屋に走りました。

中学校の頃、英語だけは通ってた個人塾の先生がすごくいい先生で、他の教科に比べると少しマシでした。
ぬるいですが、まあ英語の基礎は出来てるかも?とか思ってた。
だから大丈夫だよね?とおもってた自分なんですが、んなことなかった。甘かった。
英語から離れて10年以上。月日は自分からかなりの英語力を奪っていた。


  • わからない!
本屋でガッ!と掴んだ問題集と参考書を買い家に戻って開いて数問解いた途端、体中から汗が噴出した。
高校の英語、わからない。本気でわからない。
何がわからないのかもわからない。

驚いて再び本屋に走った。
これから数日間、問題集を買ってはダメだ~~~!と絶望してまた別の問題集を買うってのを繰り返しました。
この期間、英語の問題集に使った額は万を超えた。バカヤロウ。

冷や汗かいて買って来た中学校英語の問題集は普通に解けた。
基礎は忘れてはいない感じだけど、高校の英語は単語数も増え、動名詞なんかでは表現の仕方もすごく増えますよね。
そこが全部抜け落ちてました。
もう試験まで3ヶ月もない頃で、相当あせりました。

  • そこで自分は
正直、もう試験まで時間がないし、高校の英語を最初から最後まで見直して身につけるのは無理。
ならば、過去問にかけようじゃないか!と、完全に過去問の傾向に頼る、と言う、とんでもない博打をする事にしました。
これはまったくお勧めできない・・・。
傾向が変わったら一発アウトだし・・・。

  • 過去問の傾向
自分の受けた学校の傾向だけど、とにかく単語がわからないと話にならない感じだった。
あと、整序問題が多数。
そして長文問題。

他教科に比べると、試験の制限時間の割りに、問題数が多く感じた。
これ絶対時間切れで泣いた人いるよなーと思いつつ、過去問をめくり、英語については次の様にしました。
整序問題に慣れる事、長文に慣れる事、単語数を増やす事。
いろいろ不安はあったんですけど、とにかく数学もガタガタだったので、過去問の傾向に沿って、英語はこれで行く事にしました。
過去問に100パー頼るとか、危険にも程があるのですが。
でも、これは結果論だけど、結構おいしかった。


  • 整序問題対策
英語整序問題の必勝テクニック―3ステップで解く! (Obunsha step by step)何冊も買った問題集は、整序問題が少ししかついていなかったので、新たに整序問題の問題集として、左の問題集を購入しました。

最初から最後までぎっしり整序問題!
しかも、見開き左右で、左は問題、右はすぐに解答と解説、という形で掲載されています。
解いてから、すぐに確認できる感じです。自分はそのタイプの方が好みなのでそれも良かったです。

しかも、この問題集のすごくいいところは、「なぜ、そういうふうになるのか?」という解説や、また、この熟語はすごい頻出、みたいに解説がすごく充実しているところです。
解説が充実していたので、結構これで整序問題だけではない、総合的な力もついたと思います。

整序問題を解くコツ、また、繰り返し解いていると、勘みたいなものも養われてきて、自信も付きました。

この本は、丁寧に解説を読んで、何度も繰り返し解きました。
10回ぐらい繰り返したと思います。


  • 単語対策
速読速聴・英単語 Core1900〈ver.3〉中学校の頃の英単語は割と覚えていたのですが、高校英語の単語は勉強していなかったのでほとんど覚えていませんでした。
弟がこれが予備校仲間の間では評判がよかった、との事だったので買ってみました。

これは、実際の世界のニュース(環境、社会、サイエンス、医療、など多彩)が英文で書かれてあり、その中に重要なイディオムや単語がたくさん詰まっています。

文書の流れで単語を覚える、というのは、単語のみのリストを覚えていくよりずっと効率的なんだそうです。



  • この本の使い方(自分の場合)
まず自分は、興味のある分野の文章から読み始めてみました。興味がある分野の文章なので、とても楽しく進めることが出来ました。
手順としては、パッとみてわからない単語を全部ノートに書き出しました。
最初の頃は文章の中の単語が一個もわからなくて調べる単語数もすごく多かったです。

重要な単語は、辞書をひかずとも、意味はこの本に掲載されているのですが、自分はそれ以外の単語も覚えていこうと思い、意味が載っていない単語は自分で調べるようにしました。
個人的にですが、辞書でひくと手間はかかるんですけど自分の場合よく覚えられるのです。

また、この本は、単語を覚えるために英文を読むことになるので、長文に対する免疫もかなり付きました。
この単語集には、その文章を読むにあたり、簡単な設問が用意されています。
「Aは何のためにBをしたか?」など。
それを踏まえたうえで、意識して文章を読むようにしました。


  • 単語対策、効果の程は?
最初は、単語がなかなか頭に入らず文章を必死で追っていくばかりで、これ本当に覚えられるのかな?とすごく不安だったんですけど、とにかく、毎日毎日繰り返し目を通すようにしました。
数日たつと、全く別の文章で同じ単語が出た時、
「あれっこの単語どっかでみたよな・・・」
というデジャヴから始まり、その数日後には別の文章で同じ単語をみかけてもすぐに意味が分かるようになりました。
その時の嬉しさは癖になります。


  • 英語は毎日やること!
数学に気を取られがちだったのですが、弟によると
「英語は、数学みたいにすぐ勉強の成果はあがらない。2ヶ月くらいやって初めて実感できる教科だから、単語でも何でもいいから、毎日英語はやれ」
と言っていたので、英語は毎日、単語の本に目を通すだけでもいいからと決めて、毎日やっていました。
毎日触れるってのは大事だなあ。言語だもんな、英語って。

確かに、数学わからない(´・ω・`)となって、英語を2~3日やらなかったりすると、整序問題の勘は鈍るし、単語も記憶がモヤモヤとしてよくなかったです。


  • 余談だけど整序、単語の対策でおいしかったこと
整序は、問題集の効果もあって、総合的に力がつきました。
単語は、文章とともに覚えて言ったから、英語特有の言い回し、熟語、などが身についた。
単語の本の文章のおかげで、長文も普通に読めるようになった。

そういや妹も予備校に通っていたけど、その予備校の先生が
「時間がない時は長文をやれ!」
と言っていたそうです。長文うめえ

過去問に頼った対策の仕方ですが、結構それなりの対策にはなったと思います。



  • かなり余談
ベーシック・ジーニアス英和辞典 辞書だけど、自分は中学校の頃塾の先生に勧められた辞書を愛用してました。
中学生が使ってた辞書?って自分でも思ったんですけど、弟が使っていた辞書は字が細かくて段落もよくわからなくて単語一つ調べるのにも一苦労だったので、なれたものを使うことにしました。

レベル的には英語初心者向け。
とにかく見やすい辞書です。
ジーニアスからはいろいろなレベル向けの辞書が発行されているし、もちろん様々な英語辞書があるので、自分が見やすい!と思ったものを使うのが一番いいですよね。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > 看護学校受験(勉強編) > 受験勉強。英語。

    カテゴリ
    最新記事
    Links
    Search
    Meta
    Feeds

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。