Home > スポンサー広告 > 自己推薦書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > スポンサー広告 > 自己推薦書

Home > 看護学校受験(書類編) > 自己推薦書

自己推薦書

かなり手こずりました・・・自己推薦書。
自分を貴校に推薦します、という文章を書かねばなりません。
自己アピールですね。

  • 何をアピールすべきなのか
自分の場合ですが、看護体験らしい体験がなかったので、自分の性格面でいってみようと思いました。
最初、アピールするポイントとして
「思いやりがある」(www)
というポイントをあげました。


弟(すごい厳しい)は予備校に通って看護学校入ったから、ちょっとした予備校的な知識を持ってたから相談してみました。
そしたら、思いやり?ふざけんな出直して来いと返り討ちにあったひどい。


弟曰く、確かに思いやりはないよりあった方がいい。
でも、もっと実際に看護学校の生活や、看護師の仕事をするにあたって実用的な、そういうアピールポイントに重点置くべきだ、との事。


  • 何を書いたか
自分が書いた内容です。これが良いとか言うわけではないのですが、
参考までに。


+どんな体験を通し、いかにして「アピールポイント」を手にいれたか
+それは客観的にみてどうなのか
+それを証明できるエピソード
+それを看護という分野に活かしたいと思った理由
+その自分のアピールに沿って、どんな目標を掲げ、どんな看護師になりたいか
+だから自分はこの学校で学びたいんだよ


と言う内容の文章を、何度もパソコンで打ち出してはプリントアウトして音読、そして手直しを繰り返し一日半かけて完成しました。
途中、弟にかなり辛辣にダメ出しくらったけど。


  • コツとか、文章かいたらやること
最初はA4の紙一枚分とか長すぎーと思ってたけど、書いてみればかなり短いです。あれもこれもと詰め込んでいてはとても収まらないです。
エピソード的なやつなんかは盛り込みたくなるんですけど、読み返してみれば
「ただの自己満足///ッカ~///」
なんて事もあるので、削れるところは削ってもっと他に書くべき事がないか吟味しまくりました。

字数あわせなんかは、wordが便利ですね。
自分は、自己推薦書の行数を数えて、一行○文字として・・・とwordを設定してそれで打ち込んでだいたいの字数を合わせていました。


これだ、という文章が出来たら必ずプリントアウトして音読したほうがいいと思います。同じ様な言い回しが続いていないか、文章の組み立て方はおかしくないか、など。
パソコンのモニタを黙読では気がつけない部分もあると思います。
プリントアウトと、音読は必須、と感じました。

  • どこまでやるか
また、あくまでこれは自分の考えなのですが・・・
自己推薦書などは参考程度にする学校が多いのではないでしょうか。
自分思うに、合否の決定はあくまで、学科の成績ありきだと思うのです。
(学科を科している試験ならば)

看護師になりたいという熱意が伝わり、あまり知ったかぶりしない内容ならばいいんじゃねえか!
と、思い、早々に書き上げたのも事実。


面接と小論文のみの試験なら、自己推薦書の重要性が占める割合も大きくなりそうですね。
にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へFC2 Blog Ranking

Home > 看護学校受験(書類編) > 自己推薦書

    カテゴリ
    最新記事
    Links
    Search
    Meta
    Feeds

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。